5月2週目:要平常

今週はとても疲れてしまいました。ただ忙しかっただけではなく。自分の勉強不足を感じることが多くあり、それに対して誠実な対応ができなかったことも原因だと思います。私の場合、疲労が溜まると不安や自己嫌悪が強くなるようです。今週の後半はとくに不安でいっぱいでした。

疲れ果てて立ち上がれないとき、困難に立ち向かえない時、どうすればいいのでしょうか。

私はとりあえず「努めていつも通りに振る舞う」という態度をとることにしています。

いつも通り神様に祈り、感謝し。いつもの時間に食事をし。お風呂に入り。一日を振り返り。少し勉強をして寝る。

たしかに、疲れた時は、倒れるように寝ることがあります。開放感からお酒やおいしいものを食べにいく時もあります。そのことで癒されることも多いです。しかし、自分の欲に従うことが、必ずしも疲れを癒すことにならないかもなぁと感じることも多くあります。

たとえば、自分の好きな本を夢中で読んでいるつもりで、猫背になってしまい背中や腰が痛くなるとき。辛いときに、感情のはけ口としてメモ帳に自分の思いを書いていて睡眠時間がなくなるとき。よかれと思っていることでも自分を害していることが私にはあります。

だから、努めて目前の欲に流されないときも必要だとおもいます。だけど、自分が弱っているときに自分の欲と闘うのはとても難しい。私は普段から「弱っているとき」をみつめて準備をしたいと思っています。疲れていても、頭が働かなくても、努力ができなくても、いつも通り神様に祈って生きていられるように。

もちろん先のことはわからないし、準備が役に立たないことも多いです。それでも、いつでもよい準備状態でいられるように祈りたいとおもいます。今、疲れて立ち上がれないあなたに神様の祝福がありますように、祈っています。