5月を振り返って : 苦しさの中にある人に。

博士課程在籍の友人から研究が大変だという話を聞く。

私は、研究者としては挫折したのだが、

その時のことを思い出していた。

 

辛い時は、うずくまることしかできないこともある。

私のちっぽけな経験で語れることは少ないけれど。

自分を責めることしかできないこともある。

 

「自分を責めても意味ない」と人は言うかもしれない。

でも、そんなこと。自分が一番よくわかっているよね。

わかっていても、体が動かないときがある。

 

本当はもっとこうしたかったのに。

本当はもっとできるはずなのに。

不全感に悩む。

 

建設的な努力をしようと思っても、

体が動かないときがある。

そうしてベッドの上で一日過ごすときがある。

 

私が、とても苦しかった時。

毎週、教会に通っていた。

進まない研究と自己嫌悪を抱えながら。

 

毎週、死にそうな顔をしていたと思う。

自分の悩みを話すこともできなかった。

それでも、通い続けたのは、

少しだけ、元気をもらえる気がするからだ。

気がするという程度。

 

ちょっとした会話。

静かな雰囲気。

みんなで歌う賛美歌。

そういうものから、少しだけ元気をもらって帰る。

次に教会に行くまで生きていられるだけの、ギリギリの希望、元気、活力。

 

とても困難に立ち向かえる程ではない。

大きな仕事を成し遂げられる程ではない。

でも、とりあえず1日立っているのに必要な元気。

 

あなたの生きる力はどこからやってくるだろう?

私の場合は、それがたまたま教会だっただけ。

 

今、立っているだけで精一杯な人。

いつ立ち上がれるか不安で不安でたまらない人。

あぁ、どうか。今はそれでいい。

 

自分の中から力を振り絞る必要はないのだ。

ただ、明日1日を生きる力が与えられるように。

祈っています。