6月4週目:アホっぽい自意識

キリスト教徒として祈る時のはなし。

 

最近、自分が祈ったことをメモに書いている。

メモをみて、今週祈ったことをふりかえってみると・・・

 

  • 職場でうまくやりたい。
  • 誘惑から守ってほしい。
  • 礼拝の時間を守りたい(残業したくない)。エトセトラエトセトラ

 

あちゃー・・・。自分のことしか祈ってないぞ。

私は「人ために祈りたいノダ!」と思ってたけど、

真逆な感じ。とほほ。

 

形だけなら、人のために祈るのはカンタン。

口で祈りの言葉を唱える。

そうすると、「あぁ、私、祈っているなぁ。」という自意識に浸る。

私が人のために祈る時、そういう自意識がないとは言えない。

 

「あぁ、私、祈っているなぁ。⇒なんか、私、キリスト教徒っぽいわー。⇒なんか、私、ハッピー!」という、アホっぽい自意識。

 

人のために祈ることのゴールが、

「なんか、私、ハッピー!」なら、

虚しい自己満足だと思う。

 

では、自己満足ではない人のための祈りがあるかな?

イジワルに考えると、なさそうな気がする。

たとえば・・・

 

  1. 人は他人より自分の利益を優先して、行動する。
  2.  祈りは人の行動だ。
  3.  上記01, 02より、人は他人より自分の利益を優先して、祈る

 

もし、上記01が正しいなら、

全ては自己満足のため。

祈りも例外ではない。おわり。

 

私はそこに、神の助けが必要だと考える。

もしも、神が全能ならば、

上記01の正しさをも、変えることができるからだ。

 

自己満足ではない人のための祈りは、

全能の神の助けの下で、ありうる。

 

私の祈りがそうであれば、幸せだと思う。

そして、そうであるように、神の助けを祈ろう。

 

どうぞ、祈りが主の望むことでありますように。

しかし、たとえそうでないとしても。

そのことを受け入れることができますように。

なにより、今日も、みなさまに神様の祝福がありますように。