6月を振り返って。

日記を読み返してみると、6月は悩みの多い1ヶ月だった。

少しのミスで、悩んだり、落ち込んだり、不安になったり、苛立ったり。

 

そういう不安を抱える一方で、

6月中は教会で、聖書の中にある列王記という書物を読んだ。

列王記という書物には、イスラエルの没落が描かれている。

その中で、ソロモンという王様の話が心に残った。

 

列王記によれば、イスラエルは、ソロモンの時代に栄華を極めた。

ソロモンは知恵に優れ、巧みな政策で国を繁栄させたと記されている。

しかし、その後、ソロモンは、自分のためだけに金銭を蓄えるようになり、

そして、神に背くようになる。

 

ソロモンのような知性も、金銭も私にないけれど、

ソロモンと同じ過ちが、私にもあると感じる。

それは、「もっともっと」という過ちだ。

必要以上の知識や冨や、承認を求めるという過ち。

 

自分のことを振り返ると、

目的もなく、不安や欲望に駆られて、

必要以上の知識と、人からの承認を求めていたと気付く。

 

学生時代の私は、多くの知識を得て、頭がよくなることを求めていた。

その動機は、自分に自信がなく、不安だったからなのだが、

その気持を「学びたい」、「好奇心」、「楽しい」、「自己実現

などの言葉で正当化していたのだと思う。

 

ふと、そういう目標に、虚しさを覚えることがあった。

「好奇心」や「学びたい」気持を否定するわけではない。

しかし、少なくとも私の場合は、それだけを目的にすることに、

とても、虚しさを覚え、疲れていた。

 

本当は、そういう「自己実現」や「好奇心」に縛れる必要もない。

「成功」や「幸せ」や「理想」という言葉に縛られる必要もない。

信仰を持って、少しづつそのことを体感するようになった。

 

今は、私の職業上、新しい技術や知識に触れることが多い。

そうすると、昔のように高ぶりを覚えることがある。

でも、その高ぶりに流される弱さは、自分の力では変えられない。

 

ソロモンのように目的のない知恵や冨に溺れないように。

必要のない知識や冨から遠ざけられるように。祈ろう。

 

いわゆる「成功」、「幸せ」、「自己実現」、「好奇心」、「理想」

その種の言葉で、私と同じように虚しさを覚える方に、

どうぞ、神様の祝福がありますように。