7月1週目: 歩むべき道

今週は、少し忙しい一週間でした。

特に、火曜日はバタバタしました。

研修の日でしたが、当日まで宿題をしておらず・・・。

 

出発直前まで作業をしても、終わりませんでした。

通勤途中に電車の中で祈ってみました。

気分的には少し落ち着いた気がします。

 

結局、到着駅のホームベンチで作業をした後、

とても中途半端な出来の宿題を提出しました。

 

また、今週から聖書の「ガラテヤ人への手紙」を読んでいます。

その手紙の内容は、

「律法(という旧約聖書に書かれたの規則)によっては、

人は神様に義と認められない。」というものです。

 

言い換えると、

「お金を納めたり、

苦しい修行をしたり、

大きな神殿を建てたりしても

神の目に適う人間にはなれない。」

と解釈してもよいかもしれません。

 

今週は、以上の聖書箇所とは別に、

『クリスチャンのための職業選択』という本を読みました。

仕事にどう向き合うかが最近の悩みです。

キリスト教的に「正解」となる仕事の方法を知ろうと、

本書を読んだのですが、

行き先に正解を求めるのではなく、いつもどこに行っても主を信頼し、主がともにおられることが最良の人生であると知ることが、私たちの歩むべき道です。

と書かれていて、面食らってしまいました。

 

「ただ一つの「正解」を求めて、懸命に努力する。

そして、自分が素晴らしい人間になろうとする。」

それは、とても素晴らしいことのように思えますが、

どうも聖書は逆のことを述べている気がします。

 

そろそろ梅雨明けが近づいてきましたね。

今週も豊かな神様の祝福が皆様にあるように。

お祈りしています。