9月1週目:聞くことと生きること

  今週も、出勤の前に教会に行くことができた。とても喜ばしい。今週から教会で礼拝に出席する時、メモを取ることを辞めてしまった。
 なぜなら、話を聞くことに集中したいからだ。これまでは、メモや自分の考えに気をとられて話に集中できないことがあった。そこで、礼拝中はメモを取らずに、必要なら礼拝後に内容を思い出してメモを書くようにした。そうすると、気のせいか、記憶への定着もよい。しばらく、この習慣を続けてみようと思う。
 礼拝以外でも今週は何冊か本を読むことができ、ぼーっと物思いに耽ることが多かった。本を読みながら思ったことは、人生の時間は短いということだ。自分ができることは限られている。生きることは空しく儚い。しかし、すぐに自分の虚しさを忘れてしまう弱さが私にはある。そのことを忘れるから、自分の幸せや欲望や夢や成長や成功や財産、いずれは消えてしまうものを追い求めて生きている。
 もしも、本当に大切なことのみに、人生の与えられた時間を集中することができるなら、どんなに素晴らしいことだろう。しかし、いつでも虚しいものに流されてしまう。 神だけに望みをおいて生きることがいかに少ないことか。
 このことを忘れたくないと思う。 いつもこのことを覚えていたいと思う。どうか、いずれは死んでいくこの身の虚しさを忘れないように。与えられた命を無駄にしないように。せめて、そう望めるように。祈ろう。